Home > 2011年06月20日

2011年06月20日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

【FF14】不審者との遭遇

昨晩23時半ごろのこと。
LSのリーヴ回しに参加するためホライズンに行ったときのことです。

謎の男

ふと顔を上げるとそこには見慣れない姿をしたエルヴァーンが。
これは…巴術師の主器?

謎の主器

メルヴァンの職員の方々が背負っているものとよく似ています。
離れたところには不審者の出現を警告するロイシア。

静かにたたずむ。

…確かに怪しい。

「真実を求める者よ……どうか、ご傾聴ください……」

彼はぶつぶつとなにかをつぶやきながら、周囲にいる人々にバフをかけていきます。
そのつぶやきを聞き取ろうと必死になっていると、なにやらざわめく声が。

「……ああ、試練の刻が訪れたようです……」

急襲

その言葉が発せられたと同時に見回すと、そこにはナットやヒッポセルフの群れが(ジャッカルもいたような気がしたけれど忘れた)。
その場にいた冒険者達が必死で撃退し、事なきを得ました。
しかし事態がおさまった頃には彼の姿はありませんでした。

彼は一体何者なのか。
少なくとも、エオルゼアの危機とやらが少しづつせまっていることは間違いないようです。



…と、久々に真面目風な記事を書いてみる('ω')
ちなみにこのときアルフガルも同時沸きしてました。
敵のRは30くらいで、ちょうどR20代でおいしいかんじ。
いやーいきなりだったけど楽しかったですw
またやりたい(・∀・)


バフのアイコン
おまけにバフのアイコン一覧。
左からクイック、リジェネ、HPmax増加、MPmax増加(PTとか加護とかは無視で)。
効果は10分くらいだった気がします。

____________________________________________________________
Urianger Augureltの言葉
真実を求める者よ……どうか、ご傾聴ください……
恐るべき異変が、世界に迫っています……
第七の浄化」は、多くを飲みこむでしょう……
曇りを拭い……嘲りに見返ることなく……真実を求めなさい……
『六の陽没し 七の月輝きしとき……
群雲より 紅き炎降り 奈落より 黒き闇湧かん……』
使徒メザヤが預言した「第七の浄化」は、目前に迫っています……
『然れど 古き灰に 新しき種は蒔かれり……
其は汝 魔断つ勇の剣 獣畏る優の灯なり……』
眠れる力よ……目覚めなさい……絶望を飲み込むのです……
絶望を飲み込んだとき……世界は我がものとなるのです……
……ああ、試練の刻が訪れたようです……
真実を求める者よ……頭を上げなさい……貴方の敵を見極めるのです……

Home > 2011年06月20日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。